仮想通貨の確定申告に必要な書類について

税理士コラム:税 仮想通貨 ビットコイン 確定申告

ビットコインなどの仮想通貨は財産的価値を持つ通貨(資産)として法律上扱われています。よって仮想通貨の売買や投資によって利益をあげた場合、確定申告の手続きが必要です。

申告の際に必要となる書類は多岐に渡り、必ず必要なものから状況に応じて必要なものまであります。人によって申告の際の書類は異なりますが、この記事ではまったく知らない人に向けて一般的な例を挙げるので参考にしてみてください。

仮想通貨の確定申告に必要な書類について

まず、必ず必要な書類は申告書A、源泉徴収表、仮想通貨の取引にかかわる書類の3種類です。

申告書Aとは給与所得のあるサラリーマンや年金受給者などが対象の申告書で国税庁のホームページで簡単にダウンロードできます。記入内容は基本的に源泉徴収表からの転記となり難しくありません。ただし、保険料や医療費控除の情報など一部、源泉徴収表に記載のない事項も含まれるので注意しましょう。また源泉徴収表ですが記載されている事項の意味や金額、内容などはあらかじめ常識として押さえておいてください。

所得と収入の違いなどきわめて基本的な知識ですが念のため確認が必要です。最後に仮想通貨の取引にかかわる書類ですが、入出金の明細書とウォレット、取引履歴のスクリーンショット画像(データ)となります。特にスクリーンショットは申告の際に担当者が分かりやすくなるので面倒でも用意してください。


今回取り上げた3つの書類が確定申告の際に必要となります。知識さえあれば準備自体は難しくないのでこの記事で覚えてしまいましょう。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応