相続:事業承継_後継者さがしのポイント

税理士コラム:税 相続 相続税 事業承継

事業承継するための経営環境を整え始めたならば、同時に後継者をさがすことになります。

事業承継を成功させるためにも、後継者をさがす際の抑えておくべきポイントを、以下に記載します。

後継者をさがす際のポイント

経営者の方の身内に候補者がおられるならば、その方を後継者候補として共に仕事をしていくことで、社内の合意が自然と出来上がっていきます。「社長の息子」、「社長の甥」などというだけで、社内の合意はできやすいのは事実です。しかし社長と一緒に経営に携わることで、その合意をより確固としたものにすることができ、反感を抱かれることはなくなるでしょう。

役員や従業員の中から後継者を選ぶ場合には、候補者として育てる時間を作りましょう。そのような時間は、候補者となる方の安心感にもつながります。経営者として会社を引き継ぐリスクについて、十分に検討する時間を持つことができるからです。逆に言うと、経営者の側は、候補者に断られないような経営環境作りを進めていかなければなりません。経営環境を整える姿勢次第で、候補者の心が決まりますから、ぜひ本気度を示していただきたいものです。

経営者の方の身内や役員・従業員に候補者がいない場合は、外部から招かざるを得ません。このような場合には、とにかく経営環境を整えることに力を注ぎましょう。会社の価値(企業価値)があり経営環境さえ整えることができれば、きっと魅力的な会社を引き継ぎたいと思う後継者候補が現れるはずです。そのような会社であれば、後継者候補を探すサービスも喜んで探してくれるでしょう。

税理士コラム:税 相続 相続税 事業承継

事業承継においては、会社の価値(企業価値)を再確認して経営環境を整えることが最重要課題となります。経営者にとっては当たり前のことでも、外部からみれば価値ある資産を有しているということはよくある話です。経営者自身は気が付いていない会社の価値(企業価値)を見つめ直すことで、より魅力ある経営環境を整え、事業承継をスムーズに行えるように努めましょう。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応