[確定申告]税理士に確定申告をお願いすることで、資金繰りが安定

税理士コラム:税,税金,申告,確定申告,記帳代行

個人で確定申告をしようとすると、資料をまとめ記帳を行い、数字の抜け漏れに注意して確定申告を行わなくてはなりません。
しかし、記帳や確定申告を税理士に任せることで、手間が省けるだけではなく、数字の間違いを防いだり節税対策など行えるようになります。

今回は税理士に確定申告を任すことで、資金繰りが安定するようになった例をご紹介します。

記帳代行から税理士にお任せ

元々は事業主様ご自身で記帳、確定申告を行っていましたが資料をまとめたり記帳ミスが無いように何度も確認することが煩わしく感じておりました。
税理士に記帳代行からお願いすることで、領収書等の確定申告に必要となる書類をファイルに入れて保管し、それらを税理士事務所に送ることで記帳、確定申告が出来るような体制を作ることが出来ました。

特に毎年年末から年明けにかけてまとめて入力していた煩わしさから解放されたことで、とても楽になったようです。

毎月ファイルに入れて保管するので領収書がなくなることもなく、正確な利益がわかるようになり、確定申告以外で消費税申告書に関しても税理士事務所で作成してもらえるようになったことはとても助っておりました。
「この経費は消費税がかかるのか?」といった悩みを持って記帳を行う必要が無くなり、入力したものが間違っていた場合でも税理士事務所で修正してもらえるので安心してお任せできていました。

これまでは毎年わからないことがあった場合には税務署の窓口に行き確認されることもあったようですが、そうしたことからも解放されました。

その他にも、青色申告の届出を出したことにより提出する書類が増えたものの、自分で作成することが少なくなり控除を受けられたり、生命保険控除書類なども税理士に送りまとめていただいていたので基本的には送るだけで自分で行う作業はとても少なくなりました。

毎年、まとめる作業に時間がかかり、確定申告書を作るのに時間がかかりと、仕事以外の時間が多くかかってしまっていましたが税理士にお願いしたことで時間にも余裕ができ、仕事に専念することが出来るようになりました。

税理士コラム:税,税金,申告,確定申告,記帳代行

税額を事前に教えてくれるので資金繰りが安定

毎月のやり取りの中で税金の見込み金額を伝えてくれたことで資金の準備がしやすく、期限ぎりぎりでも資金繰りで慌てることがなくなりました。

また、節税に関しても色々と提案していただけました。自分でやっていた時は考えていなかった自宅の家賃の一部を経費にできることや、青色申告の届出を出したので30万未満の資産が減価償却でなくその年の経費にできることなど、12月の前に色々提案していただけたので売上は増加しても納税額は少なくて済んでいました。

事業主様がご自身で確定申告を行っていた際は、正確な利益は確定申告時期にならないとわかりませんでしたが、毎月試算表と税額予測が送られてくるので事前に納税資金の手当てができ、資金にも余裕ができ、余裕が出た資金は別の事に使えたので資金繰りの面でも楽になったようです。

まとめ

ご自身で確定申告をすることは出来ますが、慣れていないと困ることは少なくありません。費用は掛かってしまいますが税理士に頼むことでで、仕事に集中できる環境が整います。

税理士にお願いすることでスムーズに申告が終わるようになり、専門的な知識がなくては出来ないようなことも考えなくてよくなり、納税に関しても前もって見込み額を教えてくれることで資金繰りで困ることも減るものです。

税理士にお願いすることで抱えていた悩みが解決することがあるので、税理士とのお付き合いが無い方はお付き合いを検討するのも良いのではないでしょうか。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応