税理士に依頼したい3つの事項

税理士コラム:税,税金,法人,法人成り

個人事業主やフリーランスでもある程度の規模になると税理士に依頼する人が増えてきます。クラウド会計ソフトなどの安価で便利なツールが増えている中、あえてお金を払って税理士に依頼するメリットは何なのでしょうか。

確かに小規模な事業であれば個人の知識で確定申告を済ませることも可能です。ですが税理士に依頼することで最も大事な本業に集中できるというメリットがあります。この記事では専門家である税理士に依頼したいことについて解説していきます。

1税理士に依頼したい3つの事項

依頼できるのは主に法律上の税理士の独占業務になります。3つの独占業務について順に見ていきましょう。

1.1税務書類作成

税務書類とは試算表や総勘定元帳、源泉所得税納付書などの書類を作成する業務です。依頼者の指示通りに代筆するのではなく、税理士の判断で作成が行われます。税法は非常に複雑であり、個人が簿記などをかじった程度では太刀打ちできません。帳簿の付け方などの基本的な知識がない場合やそもそも数字が苦手という人も多くいるでしょう。困っている方は一度税理士に相談してみましょう。

1.2税務申告の代理

確定申告などの申告の代理業務です。税理士はプロとして何度も確定申告に関わっています。相談することで計算ミスなどのリスクを減らすことができ安心して本業に集中できるのです。また仮に税務調査を受けることになった場合でも税務署とのやり取りなどのフォローを受けられます。手間を減らすのはもちろん安心感を得る意味でも相談するべきです。

1.3税務に関する相談

税務に関して様々な相談が受けられます。具体的には節税のアドバイスなど税理士の経験や知恵を活かした相談業務です。近年、インターネットの掲示板などで専門家ではない人間がアドバイスをしている例がありますが、税務相談は税理士の独占業務であり、本来好ましいものではありません。些細な内容であっても必ず専門家に相談するようにしてください。

2その他税理士に依頼したいこと

税理士には独占業務以外にも様々な相談が可能です。主なものをまとめてみました。

2.1

独占業務以外で税理士に相談できるのは会計業務、コンサルティング業務、M&A関連、国際税務などです。税理士間の競争が激化している影響で、依頼できる領域は多岐に渡ります。税理士は独占業務での経験を活かした幅広い専門性を持っています。

まとめ

税理士に依頼したいことについてまとめてきました。税理士には独占業務とそれ以外の業務があり経営に関する様々な相談ができます。事業を行っていくうえで申告や税務の悩みは避けては通れません。ぜひ身近に信頼できる税理士を持っておきましょう。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応