確定申告の還付金を振込みで受け取る場合の注意点

税理士コラム:税,税理士,税金,確定申告,還付金

還付申告は個人事業主のみならず、医療費控除や初年度の住宅ローン控除、ワンストップ特例制度を適用しないふるさと納税など様々な理由により確定申告をするサラリーマンなどの給与所得者も該当します。

還付金の支払手続きまでには所得税の確定申告書を提出してからおおむね1ヶ月~1ヶ月半程度の時がかかります。

またeTax(電子申告)を利用して還付申告をする場合は、税務署の仕事始めを待たずに1月1日から還付申告をすることができ、この場合は1週間~2週間程度早く還付金が振り込まれることになります。

還付金を振込みで受け取る場合の注意点

1)確定申告による還付金を受け取る口座は本人名義でなければならず、配偶者や家族の口座、あるいは旧姓のままになっている口座によって還付金を受け取ることはできませんので注意が必要です。

2)最近はインターネットバンキングを利用する人が増えてきていますが、銀行等金融機関によっては、還付金を受け取ることができない口座がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。インターネットバンキングが使えない場合は、銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農業協同組合・漁業協同組合・ゆうちょ銀行を利用することになります。

万一確定申告による還付金を受け取ることができる口座がない、または新規口座開設が間に合わないのであれば、ゆうちょ銀行や郵便局で還付金を受け取ることになります。その際には、国庫金送金通知書と運転免許証などの本人確認書類が必要です。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応