アパレル業界に強い税理士紹介

棚卸や在庫管理にも強いアパレル関係に特化した税理士をご紹介いたします。

在庫管理の重要性

アパレル業ではどれだけスピーディに効率よく在庫管理を行えるかが重要となります。

管理が手間と感じられることもありますが、綺麗に管理を行うことで未来会計を行うことが出来、先の数字や事業計画が立て易くなります。

アパレル店を経営する上で、「計画的な資金繰り」が大切となります。
仕入れの際に支出が発生しますが、在庫があると現金が回収出来ない為、月次の損益を出来るだけ正確に把握することが重要なポイントとなります。

決算期には在庫評価の方法によって利益、納税額が大きく変わってくるので、在庫管理や損益の把握に強い税理士とお付合いすることが大切です。

チェックポイント

棚卸立会を得意とする公認会計士資格を持った税理士もいます。

棚卸や在庫管理を得意としており、商品数と帳簿の数量との一致の確認や、請求書・納品書の確認、商品の評価の確認など行います。

季節毎に商品は移り変わり、キャリー品が発生した場合にはどのように計上するのかという点も、慣れた税理士に任せると安心です。

『いかに普段から棚卸資産を把握できているか』が非常に大切です。
商品数と帳簿上の数字の整合性や、商品の評価を詳しくチェックすることで、計画的な資金繰りや経営を行っていくことが出来ます。

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応