コンサルタントに強い税理士紹介

経営/業務の効率を上げるコンサルタント業に強い税理士をご紹介いたします。

コンサルタント業に詳しい税理士

企業の強い味方となるコンサルタント業の経営者にとって、どのような税理士とお付合いするのかはとても重要です。

業界は異なりますが、企業を顧問先に持ち、共に顧問先にとって心強い味方となる存在です。

企業に対してどのような想いを持ってサポートするのか、主にどのような業界の企業をコンサルタントするのか、一口にコンサルタント業といっても様々ですので、税理士とお付合いする際には、コンサルタントを行う業種に強い税理士とお付合いするのが良いとも言われています。

コンサルタントを行う業種に強い税理士と付き合うことで、次のようなメリットがあります。

  • コンサルタントを行っている会社に対して、効果的な節税対策を行える可能性がある
  • 業界に詳しいので、情報共有や節税等の相談がし易い
  • その業界の特徴や傾向についての話が出来る

様々な種類のコンサルタント業

コンサルタント業には、ITや飲食店、美容院の経営支援といった業種に特化したコンサルタントや、業種を問わずIT化による無駄を省略させる会社の効率アップのコンサルタント等、様々な種類があります。

税理士とお付合いする際には「相性が大切」と言われますが、コンサルタント業の経営者にとって相性は本当に大切となります。人としての相性も大切ですし、IT化を推進するコンサルタントを行っているのであれば、やはり税理士もITについて詳しい事務所が良いです。

例えばITに強い税理士事務所には、IT系の会社が多く集まります。

IT系の会社は法人化するケースも多く、法人成りする個人事業主や、ベンチャー企業が集まりやすくなるので、創業支援や、創業後のスキームをサポートするコンサルタント業の経営者からすると、その税理士から「近年のIT系で独立する会社の特徴」や「IT系の会社が持つ悩み」など、守秘義務を害さない範囲で税理士の視点から話を聞くことが出来たりします。

まとめ

コンサルタント業の経営者は、自社の顧問先の売上アップに繋がるサポートや、業務効率の向上、ITを活用した実務の省略化等の活動に力を注げるよう、「本業に集中できる環境をいかに作れるか」ということが大切です。

ITを活用しているコンサルタント業にとっては、やはりITについて詳しい税理士の方がお話がし易いですし、会計ソフトもIT系の企業から人気のあるものが使えるのも効率アップに繋がります。

中にはこだわりの強い税理事務所があり、そうした事務所では会計ソフトは決まったものしか使えなかったり、毎月の訪問や記帳の方法が確立されていることがあります。
リードしてもらえる企業にとっては相性が良いのですが、クラウド会計を希望したり、ネットを中心にやり取りを行いたいという企業には合わなかったりするので注意が必要です。

※IT系のコンサルタント業であれば、会計ソフトは「freee」や「マネーフォワード」が使えたり、連絡は「チャットワーク」や「スカイプ」が使える事務所が付き合い易いと好評です。

人としての相性はもちろん、どのような業種を対象としたコンサルタントをしているのか、どのようなサポートを行う税理士事務所なのかといった点も考慮して税理士選びをすることで、良きパートナーとして税理士とお付き合いすることが出来ます。

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応