不動産売買・賃貸業に強い税理士紹介

適正な管理料率の設定や経費の計上を熟知した税理士をご紹介いたします。

不動産売買業における税務のポイント

不動産売買業においては「消費税の扱い」がポイントとなります。

土地の売買では消費税が非課税となりますが、土地の造成や建物の建築工事、建物の譲渡といったものについては、消費税が課税されます。

この、土地の売上部分(消費税非課税)と、建物の売上部分(消費税課税対象)を明確にすることで、「収める消費税が多くなってしまう」といった事態を避けることが出来ます。

情報提供料について

「物件の紹介者に対して紹介料を支払う」ことがあるかと思いますが、科目は「交際費」として処理されるので注意が必要です。

不動産業を営む個人や法人に対しては、「支払手数料」として認定されます。

まとめ

「適正な管理料率の設定」や、「適切な経費の計上」が不動産業での健全な経営のポイントとなります。

不動産業は、扱うものが不動産という高額資産ですので、それに伴う現金の移動や売上も大きくなります。

特に税務調査では、記帳情報が不透明だと、管理実態の確認や、プライベートでの経費利用を行っていないかといったチェックが重点的に入るので注意が必要です。

不動産事業について理解のある税理士に、正確な記帳付けのアドバイスをしてもらいながら事業を行うことで、安心して本業に集中出来ます。

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応