福祉・介護・保育園に強い税理士紹介

旧会計から新会計への移行や、経理の仕組み作りもしっかりとサポート。

福祉、介護、保育園事業の増加

以前に比べて法人設立がし易くなったこともあり、福祉や介護事業で独立開業される方が増加しています。

若い方で独立する方もおりますが、これまで介護事業に携わっていた方で、定年した後で社会に貢献したいという想いから独立される方も増えております。

介護施設や保育園の経営を「社会福祉法人」として運営する際には、平成27年4月1日から新会計基準に沿った会計処理を行わなくてはならない為、その基準に沿った会計を行える税理士に依頼することで経理を安心して進めることが出来ます。

平成27年4月1日以前に社会福祉法人で事業をされている場合には、新会計基準への移行を行う必要がありますので、旧会計から新会計への移行や、経理の仕組み作りのサポートをしっかりと行える税理士が付くことで、スムーズに新会計基準の経理体制を整えることが出来ます。

保育園で使う会計ソフト

保育園の経営をする際に、税理士によっては「社会福祉法人専用会計ソフト(50万円相当)を購入してください」と言われることがあります。
機能は十分優れているのですが、そこまで高額のソフトを使用しなくても良いケースもあります。

これまで保育園の経営を見たことが無い税理士だと、経理環境が適切でなかったり、負担が不要に大きくなったりするので注意が必要です。

新会計基準に沿った会計処理が行える税理士

冒頭でもご説明いたしましたが、福祉・介護・保育園の税理士選びは「新会計基準に沿った会計処理が行える税理士」がポイントになります。
福祉・介護事業で開業をお考えの経営者様、税理士変更を検討している経営者様はお気軽にご相談下さい。

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応