建設・建築・工事業に強い税理士紹介

業界特有の複雑な経理にも強い税理士をご紹介いたします。

複雑な建設・建築・工事業の経理に強い税理士紹介

建設業、建築業、工事業は、他の業界に比べると経理作業が複雑です。

例えば、工期の長さが経理を複雑にします。 工期が長いという点もこの業界の特徴で、短くて3ヶ月、長ければ1年以上あります。

その結果、未成工事支出金(未完成工事に要した工事原価項目を集計し、棚卸資産として計上するもの)として資金が寝ている期間が長くなります。

また、今期の売上とするのか、来期の売上とするか計上のタイミングが変動することによって大きく税金が変わってきます。

節税対策や決算対策を強化し、会社の数字を明確に管理出来る状態を作ることが重要ですが、事業主様自身が現場に出ていることも多く、経理まで手が回らないという企業様が多いです。

建設業、建築業、工事業の特徴に合った税金対策

完成工事高や未成工事等、この業界特有の勘定科目に応じた税金対策が大切となります。

建設業や建築業、工事業特有の税務に詳しく、1年後、3年後、5年後先を踏まえた決算対策や資金対策、事業計画サポートなど行える税理士に依頼することで、本業に集中できる環境が整えられます。

建設・建築・工事業は中長期的に税理士が必ず必要

「節税対策や決算対策を後回しにしがちで、もっと早く税理士と契約していれば良かった」といったお悩みをいただきますが、税理士紹介タックスナイトでは忙しい経営者様の業務を効率化することに重きを置いております。

建設業、建築業、工事業に関わらず、現状に合った最適なご提案をさせていただきます。

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応