小売業に強い税理士紹介

小売業特有の煩雑さにも対応できる税理士をご紹介いたします。

細かい計上の管理がポイント

どの業種でも経理は複雑な業務ですが、その中でも特に小売業は煩雑さが目立つ業種です。

現金の入出金が多い業種ですので、毎日の取引を「現金出納帳」に記録し、売上や経費の漏れがないよう細かく数字を管理することが重要です。

個人・法人関わらず、扱う商品数、種類が多くなるのが小売業の特徴です。

商品によって税制の異なるものがあるので、十分な知識を持って計上を行う必要があります。負担を抑える為には、なるべくシンプルに管理が出来る仕組みを作ることがポイントです。

決算で行う期末在庫の確認

決算日に行う実施棚卸では、店に出ているものだけではなく、原材料や加工途中の半製品、別の場所に保管している包装資材等の貯蔵品なども含まれます。

仕入れの単価や、品目別の数量を正確に「棚卸表」としてまとめることで、後日、いざ確認が必要という時でも安心です。

まとめ

小売業は商品数の多さだけではなく、雇用する従業員も比較的多い業種です。

予算計画を立てる際にも、人件費に注意し、給与だけではなく社会保険料等含めた金額で売上目標や戦略を立てることがポイントです。

小売業に強い税理士と付き合うことで、棚卸高の把握の徹底や、適切な財務分析、数字管理を強化でき、損益や納税のシミュレーションをしっかりと行った上で節税対策を行うことが出来ます。

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応