製造業に強い税理士紹介

製造業の実績多数で適切な資金計画が立てられる税理士をご紹介いたします。

製造業の特徴

製造業は、「自社で材料を仕入れ、製品を製造する」という特徴があります。
その為、他の業種に比べると、設備費や設備投資費が大きくなります。

その他にも、一定以上の従業員数が必要になり、人件費や社会保険等の数字の把握も重要です。

動く金額が大きく、仕入れから販売までの期間が長くなる業種では、いかに詳細に運転資金を把握し、資金繰りを上手に行うかが大切です。

損益管理の重要性

利益や損失をしっかりと把握し、適切な資金計画を立てることが大切です。

設備投資額などで動く金額が大きい為、融資のシミュレーションや、融資を受けるタイミングを上手に見定めることが必要になります。

無理の無い経営を行う為にも、「財務状況がどうなっているか」随時把握することがとても大切です。

資金状況を把握し、適切な金額で融資を行っていくことは、金融機関との良好な関係作りにも繋がります。

まとめ

大きな金額が動く製造業では、「正確な財務管理」がとても重要です。
製造業の税務経験の豊富な税理士は、他の業種以上に「資金繰りの大切さ」や、「金融機関との良好なお付合い」の重要性を理解しています。

税金対策は知っているか知らないかで対策方法や効果の差が大きく現れるので、会社に適した税金対策を行える税理士と付き合うことが必要です。

製造業をよく知る税理士が顧問となることで、上手に経営を行っている会社と、上手く経営を行えていない会社を見てきているので、経営を進める上で不要に躓かないようにサポートしてもらえる点も安心出来ます。

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応