運輸・運送業

運輸業の特徴的な経費にも柔軟に処理が行える税理士をご紹介いたします。

運輸、運送業の経営や税務調査にも強い税理士紹介

運輸、運送業の経営者様からよくいただくご質問

運輸、運送業では、という質問がよく出ます。
売上の計上の時期については、運送業の大きなポイントの1つとなっています。
※原則「その運送にかかる役務の提供が完了した日」が計上するタイミングとなります。

現金収入となる小口運賃が発生するケースもあります。現金収入は「不明瞭な売上」として、税務調査の対象となり易い為、きちんと経理を付けることが大切です。

運輸、運送業の許認可申請

運送事業を行う際には、運送業の許認可申請が必要となります。

扱う貨物の大きさによって、「一般貨物」「特定貨物」「軽貨物」といった種類があり、地方運輸局の許可が必要となります。
※軽貨物を扱う際は地方運輸局への届出のみで事業を開始出来ます。

運輸業、運送業を行う際に、「許認可申請のことを知らずに事業をスタートしていた・・・」ということにならないよう、会社設立際に「どのような貨物を扱うのか」、「適切な事業目的は何か」、「許認可申請を行う為の運賃や事業体制の確認」を税理士と行うことで、安心して事業をスタートしていただくことも可能です。

運輸業の特徴的な経費

特徴的な経費として、「燃料費」や「通行料」といった売上に連動する経費や、「駐車場代」、「リース料」「同業者団体会費」といった売上に連動しない経費があります。

売上の中には小口の現金収入なども発生することもありますので、変動費や固定費の経理をきちんと行っておくことで、効果的な節税対策や税務調査対策が期待できます。

運送業の税務を行ったことがない税理士の場合、「買取りとリース契約のいずれが有利か」という判断基準を持っていなかったり、「軽油を購入した場合にどのような税金がかかるのか」、「減価管理の注意点」等の知識に乏しいことがあります。

損益分岐点がトラックの排気量に応じて異なる為、運送業を得意としている税理士は基本的には車両1台ずつの集計を行うといった集計方法や、節税、決算対策を用いています。

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応