社会保険労務士M様 [年商2千万円] [女性] [千葉県]

これまではビジネスパートナーの税理士にお願いしていましたが、お互い次第に講演や執筆業務を多く受け持つようになり、経理業務や確定申告をお願いしにくくなったとのことでした。

税理士に対する要望としてはいつも経理業務を後回しにしてしまうので、こちらから質問するのを待っているだけでなく積極的にアプローチしてもらいたいということと、士業同士であることからビジネスパートナーとしての側面を重視されており世代の近い若い税理士であることを希望しておられました。

お忙しい方で初めから要望を明確にしてご紹介していることもあり、お一人の税理士をご紹介するだけで無事にご契約となりました。税理士側も何に焦点を置いて業務をしていけばよいのかが明確になり良いお付き合いになっているとのことです。

事業主様からよくお伺いすることで、この事例のようにこちらから何も言わないと税理士から何もしてくれないというお話があります。

昔からスタンスを変えずに仕事をしている事務所に多いのですが、決算業務と経理代行主たる業務で、それ以外は求められればやるというものです。

事業主からすればわからないことがわからないということも多く、それゆえに普段からコミュニケーションが取れていて雑談からでも事業主の悩みを引き出すことが求められています。顧問税理士の不満なところが何もしてくれないところと感じる方は一度コミュニケーションを取る努力をされてみるとよいかもしれません。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応