IT業 [年商400万円] [東京都大田区]

税理士紹介事例:IT業 経営者様

この度、ホームページ制作を行っている個人事業主様より、昨年提出していない分の確定申告の対応や、税務調査対策をお願い出来る税理士を紹介してほしいと依頼をいただきました。

記帳の方法がわからない

個人事業で3年目の事業主様からのご依頼で、昨年確定申告を行っておらず無申告の状態でした。
確定申告をしようにも、記帳の方法がわからずどのように資料をまとめれば良いかわからないので、記帳の方法から丁寧に教えてもらえる税理士を希望されておりました。

昨年分の確定申告が無申告で、税務調査のことも心配されておりましたので、税務調査対策に強い税理士をご紹介させていただきました。

書面添付が行える税理士をご紹介

税務調査対策として「書面添付」を行っている税理士を紹介させていただきました。

書面添付を行うことによって、税務署に申告を行う際に通常の申告書類に加え、会社の状況や売上の詳しい情報を提出してもらうことが出来ます。

そうすることで、一般的には税務調査の事前通知が来るようなケースでも、添付された会社の状況がわかる書面と、税理士の説明で確認が済む可能性が高くなるというメリットがあります。

初めて税務調査を受ける場合には、どのような流れで進み、どのようなことを聞かれるのかわからないことがほとんどなので、税務調査を行うことなく、税理士が状況を説明してくれる書面添付は事業を行う上でとても安心出来ます。

面談の際には、昨年の確定申告と、今後の税務調査対策のお話を聞き、事業主様はすぐに依頼することを決められました。

税理士紹介事例:IT業 経営者様

まとめ

今回の事業主様は、昨年分の確定申告が無申告だったことを気にしており、早く税理士にお願いしなくては、と以前から感じておられました。

ホームページの制作業務を行っていることがほとんどで、記帳や税金面に手を付けられておらず、売上が増加すると共に手が付けられていない税金面の心配が大きくなっていたようです。

紹介税理士にお願いすることで税金のことを考える時間を圧縮することが出来、また、税務調査対策もしっかりと行っている税理士事務所ということで税に関する不安が解消され、事業に専念できる環境が出来たことにお喜びいただけました。

無申告の年数が増えるほど税務調査の可能性が高くなるので、無申告の期間がある場合には早めの相談をされることが大切です。

無申告について相談出来る税理士をお探しであったり、書面添付の対応や税務調査対策を得意とする税理士とお付合いをしたい合は是非タックスナイトまでご連絡くださいませ。

ご希望に合う税理士をご紹介させていただきます。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応