地盤工事業 [年商800万円] [茨城県つくば市]

税理士紹介事例:工事業 経営者様
この度、地盤工事業の事業主様より、創業支援が得意な税理士を紹介してほしいと依頼をいただきました。

1から記帳を教えてほしい

地盤工事業を行う合同会社を設立して、すぐのタイミングから相談をいただきました。
これまで税理士とお付合いしたことはなく、税理士というと「先生」とイメージが強く、威圧的だったりしないかと不安も感じておられました。

記帳についても行うのが初めてでしたので、面倒がらず1から記帳の方法を教えてくれる、親身な対応をしてもらえる税理士事務所とお付合いをしたいと希望されていました。

創業支援を得意とする税理士をご紹介

茨城県つくば市で、創業支援を得意とする税理士事務所を紹介させていただきました。
登記されてすぐのタイミングで、役場への届出などはまだ行っていませんでした。

合同会社を設立された後に、何をどこに提出するのかといった話も面談の中でしてもらうことが出来、事業主様も何を準備すれば良いのか、どのくらいの時間がかかるものかがわかり、予定も組み易くなったようでした。

記帳は自社で行うことにし、事業主様がご自身で記帳をつけることとなりました。
会計ソフトは税理士の推奨する弥生会計を導入し、操作方法は税理士事務所で担当を付け、フォローしてもらえるような体制を作ってもらいました。

年商が1,000万円近くまで出る予定だったので、節税の対策もしっかりとしていきたいというお気持ちがありました。
なるべく法人税を抑えられるよう、節税の相談が出来る体制が出来て安心されておりました。

まとめ

税理士紹介事例:工事業 経営者様
今回の事業主様は、地盤工事の会社で働いてきた経験を活かし、合同会社で独立された背景がありました。
事業のノウハウをお持ちでしたが、税金面についてはわからないことが多いので、早い段階で税理士事務所とお付合いをしたいと考えておりました。

税金について弱いところは税理士にお願いし、なるべく記帳などご自身で出来るところは行いながら、事業にも集中して行える体制を作りたいと思っていたようです。

今の取引先を大切にしながら、出来る範囲で事業の拡大をしていこうとお思いで、無理なく拡大していく予定で事業を進められていくと税理士にも話し、事業計画を立てながら進めていくことになりました。

今回の税理士には、次のような交渉をさせていただきました。

  • 創業支援
  • 自計化支援
  • 節税対策
  • 開業後の税務署への書類作成と届出代行

税理士の毎月の顧問料:12,000円、決算料:100,000円でお付合いすることとなりました。

工事業に詳しい税理士や、創業支援や節税対策に強い税理士をお探しの場合は、是非タックスナイトまでご相談ください。

ご要望に合う税理士をご紹介させていただきます。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応