販売業 [年商600万円] [広島県広島市]

税理士紹介事例:販売業の経営 経営者様

この度、広島県広島市でサプリメントや衣料の販売を行っている業主様より、記帳のサポートをお願い出来る税理士を紹介してほしいとご依頼をいただきました。

簿記をしたことが無く、記帳方法がわからない

衣料の販売会社に勤められておりましたが、脱サラして法人で事業を立ち上げられました。

販売業のノウハウをお持ちでしたので、仕入れや販売は得意としていましたが、税金に関しての知識はほとんど無く、早々に税理士とのお付き合いが必要だと感じておりました。

既に行っている取引もあり、記帳や領収書の整理が必要でしたがこれまで簿記の経験が無く記帳方法がわからずお困りの状態でもありました。

記帳のサポートや記帳代行を得意とする税理士をご紹介

これまで会社勤めの方で個人事業を開始された方や、個人事業から法人成りした企業の支援などの経験も豊富な税理士をご紹介させていただきました。

事業主様が弱いと感じていた記帳は税理士事務所にて記帳相談の担当を設け、経費として使えるか不明な場合や、勘定科目の確認といったフォローをしてもらえることとなりました。

税理士事務所では丸投げの記帳代行から対応が可能でしたが、事業主様の方でも記帳方法を覚えていきたいということで、基本的には事業主様の方で記帳を行い、税理士事務所で漏れや科目の確認をし、節税のアドバイスなど行ってもらえる体制が出来、事業主様も安心されておりました。
クラウド会計を使っている為、会社で打ち込んだ情報は税理士事務所でも確認が容易となり、お互い別々の場所にいながらPC画面上から記帳情報の確認や修正が行える点も良かったようです。

税理士紹介事例:販売業の経営 経営者様

まとめ

法人では決算の際に複式簿記を必要とする書類を作成しなくてはなりません。
簿記の経験が豊富であっても手間がかかるものではありますので、普段の記帳は自社で行っても、決算申告の際には税金の専門家である税理士事務所にお願いするケースが多いです。

全て記帳を税理士に丸投げすることも出来ますが、今回のケースのように全て記帳を代行するのではなく、自社内の数字の管理力を高める為に記帳を行うケースも多くあります。

その場合は、お付き合いする税理士事務所で記帳のサポートを行える体制があるかどうか見ておくことも大切です。税理士が一人で行っている事務所で、顧問先が多くいる場合だと、記帳のサポートを受けづらい場合もあります。

税理士とお付き合いをする際は、いかに相談がし易いかも非常に重要なポイントです。

記帳のサポートや、記帳代行の対応が可能な税理士をお探しであれば、是非タックスナイトまでご相談ください。

ご要望に合う税理士をご紹介させていただきます。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応