建築業の創業支援を得意とする東京都目黒区の税理士をご紹介

税理士紹介事例:建築業 経営者様

この度、東京都目黒区でリフォーム事業を行う事業主様より、法人化を考えているので創業支援が得意な税理士事務所を紹介してほしいとご要望をいただきました。

法人化を行うにあたり何から始めれば良いかわからない

リピーターや顧客からの紹介などが増加し売上が大きくなっており、法人化を行いたいと考えるようになりました。
しかし、法人化を行うためにはどのような手続きが必要で、何を準備しなくてはならないのかわからずお困りの状態でした。

税金の対策についてほとんど行っていないこともあり、建築業の税金についてしっかりとサポートをお願い出来る税理士に、法人化のサポートもお願いしたいとお考えでした。

東京都目黒区で創業支援を得意とする税理士事務所をご紹介

東京都目黒区で、創業支援の経験豊富で得意としている税理士事務所をご紹介させていただきました。
個人事業から法人化のサポート経験が豊富にある税理士事務所ですので、手続きの流れや何を準備すれば良いかという情報もスムーズに確認することが出来、安心してお任せ出来ると感じていただきました。

ただ法人化すれば良いというものではなく、法人の設立時期や決算月、資本金、役員報酬をいくらに設定するのかといった確認も一緒に確認出来る点も良かったようです。

法人化した後に必要となる役所への開業届け出や、青色申告の届け出についても作成、提出してもらえる点もお喜びいただきました。
設立して完了というものではなく、設立した旨の届け出なども行わなくてはなりません。

特に青色申告の届け出は決算時に青色申告が出来るもので、届け出を出す出さないでは大きく税金の控除額が変わってきます。

税理士事務所による操業サポートを受けることで、法人化の後にあれもやっておけば良かったというような漏れを防ぎ、設立後に必要となる役所とのやり取りをフォローしてもらうことが出来ます。

税理士紹介事例:建築業 経営者様

まとめ

資本金が1円からで法人を創れることもあり、以前に比べて法人化はとても行いやすくなっています。
しかし初めて法人化を行う場合には、何を用意してどこに提出すれば良いのかといったこともわかりづらいものです。

今回ご紹介させていただいたように、創業支援のサポート経験が豊富な税理士事務所であれば、準備するものや事前に決めておくことがわかっていますので、とてもスムーズに法人化を行うことが出来ます。

役場に必要な資料と手続き費用を提出することで法人化を行うことは出来ますが、設立した後で見直しが必要にならないように、出資者や取締役の選定や出資金額、決算月、役員報酬などについて、設立前の段階で専門家と相談の上決めておくことをおすすめします。

法人化を検討されている方や、法人化の前に税理士と相談して決めたいとお考えの方は税理士紹介タックスナイトまでご相談ください。

SNSで情報を共有する

初めて税理士をお探しの方、税理士の変更を検討されている方は、下記窓口よりお問い合わせください。

0120-030-910

営業時間:09:00~23:00/365日年中無休で対応